子供が「ピタっ!」と泣き止む理由はいつも同じ!「僕はね、こう思ってるんだよ!」

f:id:wdheistiegn:20190416143845j:plain

こんにちは。
いつも、当ブログにご訪問くださり本当にありがとうございます。 m( _ _ )m ぺこり

今回は、子供から学ばせてもらった事

「子供が泣きやむ時はどんな時?」っというお話です。
(※気持ち的な要素で泣いてしまった時限定です。)

つらい時や悲しい時に泣いてしまったりしますが、 エスカレートするとだんだん涙が止まらなくなります。

子供の時、すぐに泣き止む涙はいいのですが、ちょっと長引くと、どうも止まらなくなってしまう。
まるで下り坂を走って下った時のように・・・。 そんな記憶がやわらかく自分の中によみがえってきました。

わが子も、すぐに泣き止まなかった時には、エスカレートして大音量!

そんな時は、いつも決まって泣き止む瞬間があるのです。

結論から言うと、我が家の場合は、

「子供の気持ちに寄り添ってあげられた時」 です。

表情やしぐさなど表現方法は多数あるかと思いますが、

今回は「どんな言葉」を伝えた時かに限定してお話していきます。

我が家の場合は、こんな言葉でした。

それは、

子供の気持ちが私の口から出てきた時!

簡単に言うと、子供が言った事をオウム返しした時です。

子供「○○○だった~!!!」

「○○○だったんだね。」

「そっか~」でもダメ!

「うん!うん!」でもダメ!

「わかった」でもダメ!

子供が言った言葉を繰り返して言った時だけです!

すると、いつも「ぴたっ!」と泣き止むのです。 そして、1秒前に大音量で泣いていたのがウソかのように落ち着きます。

僕の気持ちを分かってくれた。

はっきりと分かる同じ言葉だからこそ、そう感じとってくれたのかもしれません。

子供だけじゃない、大人だって相手が気持ちに寄り添ってくれてると感じる時、本当に気持ちが満たされて穏やかになります。

大人同士の会話でも、相手の言葉(気持ち)を受け止める事なく自分の言いたい事を言っているシーンがあります。

自分の意見を言う前に、ワンクッション相手の意見を受け取る事の大切さ。

「○○だと思っているのですね。」
「○○だったのですね。」

そんな事に気が付かせてくれました。

簡単な事なのに、当たり前な事なのに、慌ただしい日々の中で、よく見失う自分がいます。

・相手の気持ちに寄り添う事。
・ちゃんと話を聞いてあげる事。
・一旦手を止めて理解しようとする事。

私の記憶の中では、これが自然にできている人はほんのひと握りです。

残念ながら、その中に自分はいません。

私もその一握りの中に入れるように、日々意識していこうと思いました。

子供は本当によく見ていますね。

様々な子どもの気持ち、いったいどれくらい分かっているだろうか・・・。

意識しなければ見えない感情があるから、1つでも多くの気持ちに寄り添える母親になっていきたいなと、改めて思う事ができました。

今回は、子供から「気持ちに寄り添う事の大切さ」を学んだ母のお話でした。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

にほんブログ村 子育てブログへ
「育児ブログ」が豊富なブログ村へ私も参加させて頂きました。
ご訪問くださりありがとうございました!m( _ _ )m ぺこり

© Copyright 2018-2019 男の子ママの「子供と遊ぶ時間」 All rights reserved.