【作品例+遊び方例】「いろいろな形の生き物を作ってごっこ遊び!」アーテックブロック

f:id:wdheistiegn:20190604124101j:plain

今回は「アーテックブロック」を使った作品例・遊び方例です。

アーテックブロックでは、「丸」の形があるので「目」として作品に使う事ができます。

どんな形にでも「丸」を付けるだけで、可愛いクリクリの目になります。

f:id:wdheistiegn:20190604123934j:plain

実際に実在する動物・生き物をモチーフにしてもいいですし、どんな形でも作品になります。

単純にブロック4つを使って四角でもいいですし、四角にしっぽのようなものをつけて長くしてもいいですし自由自在です。

f:id:wdheistiegn:20190604124101j:plain

なんでもない形でも「丸」(目)をつけるだけで、ごっこが遊びができるようになります。

「こんにちは。私は□□□だよ。君のお名前は?」

「僕は○○○だよ!一緒に遊ぼ!」

既製品のキャラクターでのごっこ遊びも楽しいですが、自分で考えて作ったキャラクターに名前を付けたり、ごっこ遊びをして物語を作ったりすると、また違った楽しさや喜びがあり面白かったです。

使ったブロックはこれ!
f:id:wdheistiegn:20190604130004j:plain アーテックブロック バケツ ビビット 220ピース
対象年齢:3歳~
定価:4400円(税別)

【口コミレビュー】3歳~「アーテックブロック バケツ220ビビッド」青いバケツを買いました!」で実際に購入した時の感想を書いています。

kodomotoisshonimanabu.okashitoehon.com

今回は、「アーテックブロックの作品例・遊び方例」でした。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

© Copyright 2018-2019 男の子ママの「子供と遊ぶ時間」 All rights reserved.