「立体でくるくる回る額に入ったブロック絵」アーテックブロック回転軸を使った作品例!

f:id:wdheistiegn:20190604124028j:plain

今回は、「アーテックブロック」の「回転軸」を使った作品例です。

額の中の絵をイメージして作りましたが、回転軸を使うと絵がくるくる回りだします。(自動ではなく手で動かします。)

作品例では「絵の部分」を「お花」にしました。

作り方は、

f:id:wdheistiegn:20190604124031j:plain

まずは、額(フレーム)の部分を作ります。

下の真ん中(内側)に回転軸をつけます。

f:id:wdheistiegn:20190604124028j:plain

回転軸の上に「絵の部分」となる作品を接続させます。

f:id:wdheistiegn:20190604124025j:plain

手で動かすと、くるくる回るので

まるで!

「額」から「絵の部分」が飛び出てきたような立体的な作品になりました。

手でくるくる回して遊ぶ事もできますし、インテリアとしてお部屋に置いているだけでも可愛いですね。

使ったブロックはこれ!
f:id:wdheistiegn:20190604130004j:plain アーテックブロック バケツ ビビット 220ピース
対象年齢:3歳~
定価:4400円(税別)

【口コミレビュー】3歳~「アーテックブロック バケツ220ビビッド」青いバケツを買いました!」で実際に購入した時の感想を書いています。

kodomotoisshonimanabu.okashitoehon.com

今回は、「アーテックブロックの作品例」でした。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

© Copyright 2018-2019 男の子ママの「子供と遊ぶ時間」 All rights reserved.